スタッフ紹介

勝亦 慶(かつまた けい)

出身

静岡県三島市

出身高校・大学

静岡県立韮山高校・東北大学歯学部

好きな食べ物

ラーメン、焼き肉、寿司、イタリアン

好きな飲み物

Dr.Pepper、緑茶、スコッチウイスキー

趣味

ギター、ベース、漫画

好きなバンド

The Beatles,Queen,Led Zeppelin,NIRVANA

好きなマンガ

ジョジョの奇妙な冒険、るろうに剣心

好きな映画

Pulp Fiction(時間軸と脚本の構成が秀逸です。)

休日の過ごし方

動物園、水族館、美術館に行くこと。
ラーメン屋巡り。

好きな動物

レッサーパンダ、コツメカワウソ、コアリクイ、ヘビクイワシ
(みんなかわいい珍獣です。)

メインテナンスについて

歯科に掛かる時は「痛い」「腫れた」「取れた」といった状態になった時であり、そして治療が終わったら歯科には掛からないというのが一般的ではないでしょうか?
しかし、一番大切なのはメインテナンス(定期的なクリーニング)であると考えています。3~4か月に一回メインテナンスをすることによって歯の寿命は確実に伸びます。
(実は歯の残りの本数が寿命にも大きく影響しています。)一度治した所の持ちにも影響します。また、新たに虫歯が発見されても早期発見となるので処置を行うとしても簡単に済むことが多いです。
治療が終わった方は勿論のこと、何も問題を感じてない方も是非メインテナンスに来て下さい。

根の治療について

虫歯が深すぎて神経の入っている部屋(歯髄)まで達してしまっていた時や、歯の根の先が化膿してしまった時は、根の治療が必要になってきます。
この根の治療は、一見とても地味な治療です。期間も回数もかかります。
目に見えて削ったり詰めたりしているわけではないので、何をしているのか、ちゃんと進んでいるのかも解りにくいものです。
しかし、この根の治療こそが歯をしっかり残すには最も重要な治療です。
家で言えば土台がしっかりしていないとどれだけ立派な家を建てても、数年後には駄目になってしまいます。
歯の根は家でいう土台に当たります。つまり、根の治療は最も重要な基礎工事に当たるのです。