浜松町駅・大門駅すぐの歯医者 東京浜松町歯科クリニックによるブログ

  • 大手町駅の歯医者 東京浜松町歯科は当日予約OK!平日20時半まで、日曜18時半まで診療:03-5472-6480
  • 浜松町駅・大門駅の歯医者 東京浜松町歯科の24時間受付「初診限定」ネット予約
ブログ&コラムBLOG&COLUMN

歯でお困りの事があれば、
お気軽にご連絡ください!

  • 東京浜松町歯科のご予約・お問い合わせ:03-5472-6480
  • 浜松町駅・大門駅の歯医者 東京浜松町歯科はインターネットで24時間予約受付「初診限定」ネット予約
東京浜松町歯科の診療時間:9時から20時半
日曜は10:00〜18:30 休診/土・祝
東京浜松町歯科クリニック〒105-0022
東京都港区海岸1丁目2−20
汐留ビルディング2F
インスタグラム

インプラント治療のメリット・デメリットを簡単に解説!

歯を長期で維持する事は全体的な健康に重要な役割を果たします。 しかし、歯の損失は誰にでも起こりえる問題です。 その際に考えられる治療法の1つがインプラント治療です。 今回は、インプラント治療について詳しく説明し、そのメリットとデメリットについて紹介します。   インプラントとは? インプラントは、天然の歯を取...続きを読む

予防歯科は経済的負担の軽減にも

予防歯科、という言葉を聞いたことはありますか? コマーシャルなどでもよく使われるようになってきた言葉ですが、予防歯科はなぜ注目されているのでしょうか。 今回は、予防歯科について、経済的な負担の面からお話しします。   予防歯科とは、定期検診をすることで早期発見・早期治療しましょう、という考え方です。 早めに発...続きを読む

ホワイトスポット 歯の白い斑点は消えるの?

歯の表面に白い斑点なようなものができたことはありませんか。 痛みがあるわけではないけれど、見た目が気になるという方も少なくありません。コンプレックスになってしまうこともあるので、見た目の改善をしたいですよね。 この歯の白い斑点は「ホワイトスポット」と呼ばれ、誰でも現れる可能性があります。 そこで今回は、ホワイトスポット...続きを読む

自宅でできるむし歯予防

「むし歯になったら歯医者さんに行かないと」と考えている方も多いかと思います。 むし歯ができる前に、おうちで予防してみませんか? 今回は、自宅でできるむし歯予防について、お話しします。   自宅でのむし歯予防といえば、ハミガキですよね。 でも、しっかり磨いていてもむし歯になる…と思うかもしれません。 ハミガキは...続きを読む

歯は何本生えるのか?一生で歯は何本残るのか?

歯の本数は全部で何本あるのかご存知ですか? 乳歯と永久歯では、歯の形だけではなく本数にも違いがあります。 また、一生で歯は何本残るのでしょうか? 今回は、歯の本数について解説します。     歯は何本生えるのか 生後5ヶ月頃から生え始める乳歯は上下10ずつ、全部で20本あり3歳頃には生え揃います。...続きを読む

加熱式たばこは紙巻たばこより歯周病を悪化させる?

アイコスやプルームテックなど加熱式たばこが続々と新登場しています。 紙巻たばこで喫煙をすると歯周病が悪化することが知られていますが、加熱式たばこは煙が出ないから大丈夫なの?と気になる方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は歯周病とたばこの関係と加熱式たばこと歯周病の関係について詳しくご紹介します。   【...続きを読む

フッ素とは?フッ素ってどんな効果があるの?

虫歯の予防に欠かせないフッ素。 「フッ素入りの歯磨き粉を使っている」「歯科医院でも定期的にフッ素を塗っている」といった方も多いのではないでしょうか? しかし、具体的にフッ素にはどのような効果があるかご存知の方は少ないのではないでしょうか。 今回は、フッ素の効果について詳しく解説します。   フッ素とは フッ素...続きを読む

自費診療とは?保険診療とは?

保険診療は、健康保険証があれば保険の範囲内で治療が受けられるものに対し、自費診療は健康保険が適応しません。 この2つの違いについて詳しく解説していきます。     自費診療とは 自費診療は、保険適応外のため10割負担となり、歯科医院によって金額が異なります。 特に細かいルールがなく、セラミックなどの...続きを読む

歯の再生は可能か?歯を失ってしまったときの治療とは②

歯を失ってしまった場合の治療法として、 「入れ歯」と「ブリッジ」 のお話をしましたが、両者ともに、今ある自分の健康な歯に負担を かけてしまうというデメリットがありましたね。   では、自分の歯に負担をかけずに、行える治療法はないのでしょうか?   なんと、あります!   それは『インプラン...続きを読む

歯の再生は可能か?歯を失ってしまったときの治療とは①

乳歯から、永久歯に生え変わって、死ぬまで数十年間の間に、 人は虫歯や歯周病で、歯を失ってしまいます。   最近では80歳で自分の歯が残っている本数の平均が約14本というデータが あります。 そして、80歳で20本以上、自分の歯が残っている人の割合は40%以上です。   しかし、もともと大人の歯の本数...続きを読む

  • お知らせ
  • ブログ&コラム
  • インスタグラム
  • 採用情報
    • 歯科医師募集
    • 歯科衛生士募集
    • 歯科助手募集